ZEROのメモ

システム手帳とブログのコラボ

【0130】ムスカリとスイセンの鉢植え計画

これまで真剣に考えたことがなかった球根植物なのですが、バラの休眠期に花を咲かせてくれる「ムスカリ」と「スイセン」は、ここ数年、かなり興味が湧いてきました。地植えにしてあるのですが、何もしていないのに、花が咲き増えてきてくれている!

そんな「ムスカリ」と「スイセン」を真剣に栽培することを考えています。大株にするためにも鉢植えでスタートしようかな、と現在「鉢植え計画」を検討中です。もう直ぐ、「ムスカリ」と「スイセン」は休眠期ですから。

ムスカリの育て方

「ムスカリの育て方|植物図鑑 | LOVEGREEN(ラブグリーン)」より、「ムスカリの育て方」の総括をメモしておきます。

  • 球根のため過湿を嫌います。水は適度にして少し乾燥気味に育てましょう。
  • 植えっぱなしでも毎年咲くので楽です。
  • 寄せ植えをするときは周りに高い植物があると埋もれて見えなくなるので注意しましょう。
  • 寒さに強いので多少凍っても大丈夫です。
  • 球根を太らせるためには花の頃に花を摘んでしまえば栄養が球根にいきます。
  • 葉を短く育てるためには 10 月 ~ 11 月に植え、低温で育てると葉が伸びないまま花が咲きます。
  • 花が終わり、葉も枯れてしまったらそのままにして水がかからない場所に移動させてください。
  • ムスカリの花が咲き終わったら花茎を切ってかわいいお花を見せてくれたお礼肥えに粒状肥料を施し球根に養分を蓄えさせます。
  • 3 年に 1 度は球根を掘り上げましょう。

スイセンの育て方

「水仙(スイセン)の育て方|植物図鑑 | LOVEGREEN(ラブグリーン)」より、「スイセン」の育て方の総括をメモしておきます。

  • 植え付けは鉢の場合は 2cm くらいの土をかぶせます。庭植えの場合は深さを 5cm に植えます。
  • 水仙(スイセン)の葉は生きているのであれば取り除かずに光合成をさせて球根に養分を蓄えましょう。そうすることで花芽の元になります。
  • 球根は 7 月に地上部が枯れた時点で堀り上げ、分球したのち 10 月にまた植えます。
  • 水やりは乾いたら与える程度にしましょう。水のやりすぎで球根が腐ってしまいます。
  • 毒があるので注意しましょう。

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

Zeroのメモ © 2017 by Zero Cool. All Rights Reserved. Frontier Theme