ZEROのメモ

システム手帳とブログのコラボ

【9999】デンドロビウム・ミヤビの「茎挿し」にチャンレンジ

昨年(2016年)大失敗したデンドロビウム。ネットで、「年間を通して室外で育成している」ってな投稿記事をみて「我が家でも年間を通して室外で育成できるはず」と考えてチャンレンジしたのですが、全ての葉が落葉して・・・開花する様子もなく・・・明らかに失敗している!慌てて室内に取り込みましたが、復活してくれるのかとっても心配ですが・・・

ただ、全ての葉が落ちてしまっても春になれば、再度、葉を出してくれるという情報もあり、諦めずに復活を祈っていますが。

そんな「デンドロビウム」ですから、ひょっとすると枯れ死しているのかもしれませんが、それでも「茎挿し」という方法での増殖を目指します。
デンドロビウム・ミヤビ(2017年5月3日)
開花しなかった古いバルブ、即ち茎を数本に切りミズゴケに挿すという簡単な方法ですが、これが常道らしいので。品種は、多分「デンドロビウム・ミヤビ」のはずで、これまでは大株に育って、以前に株分けも実施した我が家では優秀株だったのですが・・・およそ、2 ヵ月で新芽が伸び、3 年目の春には開花するというのが参考書からの情報です。

今が「茎挿し」の適期のようですから、成功することを信じて・・・

気楽にコメントして頂けますように!コメントは承認後の公開です。

Zeroのメモ © 2017 by Zero Cool. All Rights Reserved. Frontier Theme