ZEROのメモ

システム手帳とブログのコラボ

【0160】Microsoft Surface 3 の画面サイズ

MS Surface 3

本ブログは、基本的に「Microsoft Surface 3」を中心にデザインを決めています。特に、「ブログの幅:1200px」は個人的な都合で「Surface 3」で心地よいサイズであるから。個人差はありますが・・・ ただ、「Surface 3」の画面サイズ・・・詳細を知ってお(…..続く)

【0150】手帳とブログのカテゴリー(分類)を考える

ブログのカテゴリー(2017年4月10日現在)

ブログを始めると、いつも試行錯誤しているのがカテゴリーです。即ち、投稿記事の分類方法。本ブログでも徐々に投稿記事(いわゆるメモですが・・・)が増えてきました。今後のことも考えて、そろそろカテゴリーを決める必要がありそうです。本ブログでのカテゴリーは、システム手帳と連携する必要があ(…..続く)

【0140】幸福の木(ドラセナ)の鉢替え計画

2017年4月13日 - 幸福の木(ドラセナ)

全ての葉が落ちて「枯れ死」したと信じていた「幸福の木」が復活して、早 1 年超が経過しました。幹がブヨブヨしていなければ、復活の可能性がある、という言葉を信じて、小さな鉢に植え替え、水やりを控えていたら見事復活! そんな「幸福の木(ドラセナ)」ですが、復活を掛けて植え替えた鉢は、(…..続く)

【0130】ムスカリとスイセンの鉢植え計画

スイセン

これまで真剣に考えたことがなかった球根植物なのですが、バラの休眠期に花を咲かせてくれる「ムスカリ」と「スイセン」は、ここ数年、かなり興味が湧いてきました。地植えにしてあるのですが、何もしていないのに、花が咲き増えてきてくれている! そんな「ムスカリ」と「スイセン」を真剣に栽培する(…..続く)

【0120】我が家のカトレア栽培作業

ハウヤンベイ

趣味として始めたラン栽培は、コチョウラン、デンファレ、シンビジウム、デンドロビウムと安定してきたので(ちょっと疑わしいけど・・・)、2017 年に新しい仲間として、カトレア 2 品種を購入しました。大きな品種でもよかったのですが、冬場の置き場所確保が難しいので、「初めてのカトレア(…..続く)

【0110】デンドロビウム・春陽(ハルヒ)が我が家に嫁入り

2017年3月10日購入 - デンドロビウム・春陽

バラの肥料を購入するために「京成バラ園」へ。自宅から車で 20 分程度で行けるので、本当にラッキーです。ところが、「京成バラ園」で展示されていたデンドロビウムが気になって気になって。どうやら「デンドロビウム・春陽(ハルヒ)」という品種のようです。紫色に黄色の花。 高価なんだろうな(…..続く)

【0100】デンドロビウム 1 株が開花。来季に向けて「モルコート」を施肥

2017年4月9日撮影 - デンドロビウム

ラン栽培にはまっているのですが、その品種はコチョウラン、デンファレ、カトレア、シンビジウム、そしてデンドロビウム。全ての品種で真冬の寒さに耐えられないはずで、全てを室内に移動する必要があるはずでした・・・少なくとも昨年まではそう信じていた! しかし、ネット上で「我が家のデンドロビ(…..続く)

【0080】クリスマスローズは枯れ死しているわけではなかった!

クリスマスローズ(2017年4月1日)

2016 年 1 月 30 日、ネット通販の「ガーデンマート」で憧れの鉢である「ウィッチフォード」を購入したのですが、何と何と!プレセントとして「クリスマスローズ」2 株が同梱されていました。なかなかかわいいクリスマスローズだったので「来年も咲かせるぞ」と強い意志をもってスタート(…..続く)

【0070】ハオルチア属 3 品種を鉢替え

2017年4月2日 - ハオルチア(鉢増し後)

雑誌「趣味の園芸」で特集されていた多肉植物。初心者向けに「ハオルチア属」が紹介されていて、何と言ってもその魅力は「年間を通して室内で栽培できる」ということでした!ハオルチア属には、大きく分けて軟葉と硬葉とがあって・・・ 今回、「軟葉」系に属する 3 品種を鉢増ししました。購入して(…..続く)

【0060】鈴木満男氏の「特におすすめ」と「通常のおすすめ」の鉢バラ

鈴木満男氏の参考文献

バラ栽培を始めて間もなく丸 4 年を経過します。参考とする文献は、本屋ほど所有していますが、その中でも鈴木満男著「よく咲く鉢バラの育て方」(主婦の友社:2013年10月)は、相当参考にしました。当初は、バラは地植えにする予定がなく、鉢バラだけで十分と考えていましたから。 この文献(…..続く)

Zeroのメモ © 2017 by Zero Cool. All Rights Reserved. Frontier Theme